「エステナードリフティ」の使い方と1か月使った効果と使い心地

エステナードリフティビフォー・アフター

 

エステナードソニックRoseの進化系「エステナードリフティ」の使い方と各モードの使い心地、1ヶ月使ってみた効果を口コミします。

 

表情筋を鍛えて肌の奥からハリを覚醒させる「エステナードリフティ」は、今までの化粧品やエステナードソニックでは出来なかったハリ感が実感できると、モニターさんの間でも高い評価を得ていますが・・・

 

  • 操作性や使い心地は?
  • 即効性があるという口コミは本当?
  • EMSって顔に使って痛くないの?
  • ほうれい線対策にはRoseよりも効果あり?

 

など、いろいろ検証するため、「エステナードリフティ」を購入し、1ヶ月使ってみました。

 

 

エステナードリフティ

こちらが今回購入したリフティのセット内容。

  • リフティ本体
  • ACアダプターとUSBケーブル
  • 専用クロス
  • 巾着袋
  • オールインワンジェル「パーフェクトリフトジェル」

 

リフティパンフレット 

同梱のパンフレットには、リフティの構造やお手入れの仕方などが詳しく書いています。(パンフレットなどの同梱物は、お申込み時期により内容が異なります)

 

 

エステナードリフティ

箱から出すとこんな感じです。

 

本体用の巾着袋がついているので、保管する時にホコリや傷が付かないのはいいんですが、最近の充電式機器はACアダプターとUSBケーブルが主流で、家にいくつもあるとどれがどの製品のだかわからなくなります。^^;

 

だから、ひと目で「エステナードリフティ用」とわかるよう、ACアダプターとUSBケーブルを収納するお揃いの巾着袋があればなお嬉しいなぁ・・・

 

 

エステナードリフティの充電器 

 

エステナードソニックRoseの電源は、単3電池4個またはアダプターだから、電池だと重く、アダプターだとコードがちょっと邪魔でしたが、エステナードリフティは充電式のコードレスなので、使用中コードが邪魔にならず、軽くて使いやすい♪

 

USBケーブルなので、スマホのACアダプターでも充電できますが、高速充電も可能か問合せてみたところ「保証は出来ない」という回答でした。

 

充電時間は約4時間かかるので、商品が到着したら中身を確認し、傷や梱包漏れなどが無ければ先に充電しておきましょう。

 

 

エステナードリフティの充電 

充電中は充電ランプが赤色に点滅し、満充電になると緑色に点灯。

 

満充電で最大約30分連続使用が可能なので、週2回1回5分のケアなら、半月に1回充電すればOK。

 

でも、電池の残量が少なくなると「ピピピー」という電子音が鳴り、自動的に電源が切れてしまうので、早めに充電しておいた方が良いです。

 

今のところ途中で切れた事はないけど、ケア中に突然切れたら「チッ!」ってなりそう。^^; お知らせ音が鳴っても最後までできるくらいの余裕を持って知らせて欲しいですね。

 

エステナードリフティの各部の名称と操作方法

 

エステナードリフティの各部の名称

 

エステナードリフティは、2つのボタンを操作しモードを切り替えます。

 

モードは「RFモード」「EMSモード」「RF+EMSモード」の3種類あり、イオンは全てのモードに搭載されています。

 

エステナードリフティの操作方法

エステナードリフティの操作はとてもシンプルで「RFモード」はRFボタン、「EMSモード」はEMSボタンをそれぞれ単独で押し、「RF+EMSモード」は両方のボタンを押します。

 

それぞれ長押しでON、OFFになりますが、「RF+EMSモード」の時は、2つ同時に押すと一瞬でOFFになります。(ONの時は同時に押しても入らない)

 

レベルは「弱・中・強」の三段階で、ボタンを押すたび「弱 ⇒ 中 ⇒ 強 ⇒ 弱 ⇒ 中 ⇒ 強」となり、光と音でお知らせします。

 

弱:ボタンの周りに1つ明かりが灯り「ピッ!」と鳴る
中:ボタンの周りに2つ明かりが灯り「ピピッ!」と鳴る
強:ボタンの周りに3つ明かりが灯り「ピピピッ!」と鳴る

 

以下にそれぞれのモードの機能と使い心地をまとめてみました。

 

「RFモード」の機能と使い心地

エステナードリフティ「RFモード」

【RFモードの機能】
RF(ラジオ波)が肌の深部まで温めながら、イオンが塗布したジェルなどの美容成分の浸透をサポート。

 

【RFモードの使い心地】
ONにした時は冷たく感じますが、しばらくすると除々に温かくなり、トリートメントが終了した頃は、頬のあたりがポカポカして気持ちいい。

 

RFモードのみの使用なら毎日行なっても大丈夫ですが(健康コーポレーションにて確認済み)、時々「熱っ!」と感じる事があるので、その時は使用を控えるか、「弱」で使用します。

 

RFモードは、殆んど刺激がなく、ジェルを拭き取ったあともお肌がふっくらやわらかく、つい手で触りたくなります。

 

 

「EMSモード」の機能と使い心地

エステナードリフティ「EMSモード」

【EMSモードの機能】
EMSが表情筋を刺激することで、肌の引締めをサポートし、イオンが塗布したジェルなどの美容成分の浸透をサポート。

 

【EMSの使い心地】
EMSモードを使うと、顔の筋肉がそれぞれどうつながっているのかがよくわかります。

 

例えば、エラ骨の下あたりにリフティを当てると下唇の周りの筋肉が小さく震えたり、こめかみに当てると目の周りの筋肉がキュッと収縮したり、頬のたるみをケアするには、頬に直接当てるよりも、顎の裏や耳の下あたりに当てた方が、頬の筋肉がよく動くなど、使い慣れてくると、どことどこが連動しているか分かるようになり、お悩みヶ所を的確にケアする事ができるようになります。

 

使い心地は、独特のピリピリした刺激があり、決して気持ちいいとは言えません。

 

特に骨の上や皮膚の薄い目の周りや額は強く感じるので、最初は必ず「弱」からはじめ、レベル「強」で行う時は、当てる場所によりこまめにレベル調整をした方が良いです。

 

EMSは「ツー、トントントン」というリズムで、約3秒間隔で通電しますが、「強」だと唇や目の周りがヒョットコのように歪むため、次の通電までの3秒間はすごくドキドキします。^^; (風船が膨らんでいつ割れるか・・・みたいな)

 

あと、これはあくまで私個人の感覚ですが、レベル「中」と「強」の違いが極端で、急に強くなるのでもう少し「中」を強くするか、4段階にするかして欲しかったです。

 

EMSモードは、ピリピリしとドキドキの刺激的なモードで、はじめて使った時は「これ無理かも・・・」って思いましたが、それもそのうち慣れてきますし、なによりそれだけの効果があるので今も続けています。

 

 

「RF+EMSモード」の機能と使い心地

エステナードリフティ「RF+EMSモード」

【RF+EMSモードの機能】
肌を温めながら筋肉を刺激し、ハリのある肌へアプローチ。
イオンが塗布したジェルなどの美容成分の浸透をサポートします。

 

【RF+EMSモードの使い心地】
もう言うまでもないですよね。
RFモードとEMSモードを足したような感覚です。^^;

 

このモードを使う1番のメリットは、時短ケアができる事ですが、いろいろ試してみたところ、「RFモード」の後に「EMSモード」でケアするよりも、「RF+EMSモード」で温めながら筋肉を刺激した方が効果が高いような気がします。

 

科学的根拠があるかどうかはわかりませんが、違いがあるとしたら、別々に行うとRFとEMSを全く同じように当てる事は無理なので、トリートメントにばらつきが出るからじゃないかと思います。

 

それに別々に行うとジェルの消費量も倍になるので、経済的な面からも私は「RF+EMSモード」がおすすめです。

 

毎日のケアには「RFモード」を使い、週2回のスペシャルケアには「RF+EMSモード」っていう使い方もありですね。(でも私は面倒くさいから毎日はやらない)

 

 

エステナードリフティを1ヶ月使った効果は?

エステナードリフティビフォー・アフター

 

左右でお肉の付き方が違うためフェイスラインが歪んでいましたが、エステナードリフティのトリートメントでほぼ左右対称になり、頬の周りがスッキリしました。

 

肌コンディションの変化は写真ではわかりにくいですが、手で触るとふっくらやわらかく、パーフェクトリフトジェルの美容成分のおかげか、キメも整ってきたようです。

 

私の仕事はひたすらパソコンに向かって黙々とキーを打つだけなので、普段あまり表情筋を使っていないから、より効果が出やすかったのかもしれません。

 

ダイエットも太っている人の方が脂肪が落ちやすかったりしますよね。それと同じなのかも。

 

でも、アラ50のおばさんでも、まだまだ可能性がある事がわかり嬉しいです♪

 

 

リフティのご購入はこちら